ABOUT

donna.jpg

 

1999年ノストラダムスの大予言(1999年に人類が滅びる)を本気で信じていた

そのためどうせ20歳ぐらいまでしか生きられないのなら熱く生きてやろうと思い

高校の時分にチェゲバラ(革命家)のプリントTシャツで統一された女子数人のダンスチームチーム「賞味期限」に参加する。


思春期にありがちないろいろな問題を経て、

ダンスミュージックからブラックミュージックに傾倒するようになる。

ダンス甲子園ブーム→HIP HOP→R&B→渋谷系→Love Tambourinesといった様な

当時では王道な道筋を辿る。

程なく2000年に入りノストラダムスの大予言

電通と国鉄と中曽根元総理が仕掛けた壮大な好景気プロモーション(バブル)のひとつの仕掛けで、

それにまんまと踊らされたことに気付く。

がしかし「あたし歌が好き!」

というそんなに特別ではないモチベーションだけで

シンガーを目指す。


やがてHIP HOP R&Bブームも下火になり、生活という現実が重くのしかかる

クラブに遊びに行くと次の日「つらい」ということにうすうす気付きだす。

好きだけじゃやっていけない!そんな状況ここ東京


もんもんとした日々を過ごすが、

たまたま見に行ったサマーソニック(幕張メッセ)

当時まだノーダウトでやっていグウェンステファニーを最前列で見ようと最前列の方までいくも、

生まれて初めて圧死の恐怖を経験する。

ノストラダムス事件、ノーダウト事件で2度の臨死経験をした彼女は

「いつ死ぬかわからん!好きにやろう!」という結論にたどり着いた20代中盤。


そして今DONNAのメインボーカルとして

ストレートに今を生きるために何が必要なのかをリリックに乗せ、

自分もしくは同じ気持ちの人に向けてメッセージを送り続けている。