CATEGORY -

恋愛相談100当番

昨日 スタジオ練習なりを 終えて帰ってきたの 深夜二時くらいか
友達から電話があり 深夜4時ぐらいまで 恋愛相談。
恋愛話でもない。 あくまでも 恋愛相談。
って言うのは 恋愛話っちゅーのは こっちにも 聞いてもらいたいネタがある場合を そう呼ぶ。
ええ 、私にはそんな ネタないですから。。。
特に眠くもなかったので 
私だって恋愛経験豊富でもないけれども ひたすら彼女の恋愛相談を聞く。
 女ってもんは 人に話しを ただただ聞いてもらえたらそれでいいんだ。
本当は心は決まってんだ。
余計なアドバイスなんか 本当は 求めてないんだ。
そんなこと分かっているくせに たまーに口をはさんでしまう。
まだまだあたしも 人間 出来てないなあ。
反省しつつ、 なんとも 初々しく まっすぐな恋話を聞いて 少しうらやましくなる
もう 完璧に私には無くなってしまった感情がこの子にはあるんだなって。。

あー!恋がしたーい!とか思う感情も 最近の私には まるでないもの。
まあ もしも そういう対象が また 現れた場合に変わるのかもしれないけど。
乾いてる 乾ききっている!
干物女。
そのうち 恋愛相談なんかされたって 
はい? 恋愛ってナンでしたっけ?お嬢さんや。
危ない。 
こういう状態が 一番危ないんじゃないの・?
彼氏が欲しいっていうことよりか   恋がしたいって おもえる精神状態が
今は一番 欲しいかも


twitter_icon hatena_icon

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.irie-donna.com/mt/mt-tb.cgi/185

コメントする