CATEGORY -

片付けられない女

最近いろいろとあり 元気を失くしている友人に会いに
彼がやっている飲み屋へ 様子を見に行くていで  遊びに行ってきた。
家族経営でやっている 和風料理やさんと言う感じなお店で
そういう店で 一人でカウンターで飲んでる女は 珍しいらしく
常連さんのおじちゃんたち 軽く熱い視線
地球がひっくりかえってもありえない 褒め言葉をくれる。
なので あたしも 下町テイストたっぷりな返しでかわす。
ありがと おじちゃん、 人間 褒められると やっぱりうれしいよ。

また 遊び いきまーす!
そんなこんなで 実家がちかかったので 母親の家に泊まりに。
おお!なんで!なんで!  
行くたび この散らかりは!
母。 散らかってるよ ごめんね
私。、 ちょっと ひくけど  まあー一人なんだからいいんじゃない?

なーんて言って 甘やかしすぎたな。

もったいない もったいない って 着ない服をとっていたって
あんた! 冷蔵庫の中の大根 痩せほそって悲鳴上げてるでないの!
何がもったいないじゃい! もともこもないわ!

このままでは精神衛生上良くない!
一日がかりで全部片付けてやった。
やっかいなのは かたずけられない人には片付けられたくない?美学?
みたいなもんがあるらしく。。。
まあー、そう思われたとしたってくそくらえだよ と
ガッツリ 捨てるもの ジャンルわけして帰ってきたわ!

ああー!本当くたびれたあ?。
今日はゆっくり眠れそう。。


twitter_icon hatena_icon

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.irie-donna.com/mt/mt-tb.cgi/183

コメントする