CATEGORY -

IZABAのBOB MARLEY(ボブ・マーリー)からの宿題

fuck_the_peace.jpg

先日(といっても去年)とある集まりで、ラスタのIZABA(イザバ)さんに会う機会があって
お酒をみな飲んでる中でコーヒーを飲んでました、さすがラスタです・・


IZABA-profile-
映画「ロッカーズ」の撮影クルーとして参加、
ボブ・マーリー映画の助監督も務めていた。
その時に彼はボブから「ラスタについて正しく伝えたい」という話をするなかで
その映画はラスタによって作って欲しいとも。
「ジャスト・クール・マン、実現させよう!」そう言い残してボブは
1979年、ニューヨークJFK空港から世界ツアーのため日本へと旅立つ。
それがIZABAの見たボブの最後の姿となった。


その宿題の答えがこの映画「i&i after Bob Marley 21,000miles」だそうです

内容は、イザバがジャマイカ→アフリカ→日本という感じでラスタとレゲエの文化を旅しながら解説していく感じで
日本のレゲエの感じだと「Love&Peace」的な、 文化と思いきや、
前歯の無い真っ赤な目をしたラスタおじさんが「fuck the peace! fuck the peace!」と連呼してました!w いやー衝撃映像だねw
みんな政府に怒ってる感じです
日本のレゲエの人はpeace!いう人多いからね

現地ジャマイカでのレゲエのとらえ方とアフリカや日本でのそれは全然違うもので
最後の方で、イザバが「なぜこの平和な日本でラスタ(レゲエ)が広まるのか!?」という疑問を声を大にして言ってました

その答えもイザバは最後に締めくくっています。
ここでは言えませんが・・・


私はラスタになるつもりもないけれどレゲエカルチャーは大好きで、HIPHOPもロックもパンク、ハウスもエレクトロもJpopも大好き、全部好き
なんで好きかってことに理由なんてなくて好きだから好き
そんな文化がごちゃまぜの日本が大好き
レゲエとかダンスホールレゲエとかジャンルは本当はどうでもよくて
自己表現しやすい一番の方法がダンスホールレゲエだっただけ
演歌ではなかったのね
ただそれだけ


レゲエがちょっと好きになってきた人は見た方がいいね
IZABAおつかれさまでした!




twitter_icon hatena_icon

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.irie-donna.com/mt/mt-tb.cgi/132

コメントする